directoryofquotes.net

より良い旅行を目指すなら予習と復習の両方を実行すること

かの神殿で有名な国への旅行の注意点 多くの日本人の旅の概念では欧米人のようなのんびりした日程を組んでの移動は少なく、個人旅でもまるでツアー並みの欲張りを追い求めてしまう傾向があります。どんな行動をしようが本人が後悔しなければいいですが、また今度も同じ場所を旅行をできる可能性が低いとあれば、あの場所を見逃したとか写真を撮り損ねたとかなどといった後悔をなくすためにも予習と復習の両方が欠かせなくなります。

まず予習では目的地へ行くまでの移動中の情報から入手する必要があります。車で移動の場合は走行中の不安を解消するためにも、誰かの撮影した動画映像を見たり、某G検索サイトのストリートビューを確認するなどしてどんな感じの道路なのかをチェックすることで移動中の不安を解消できるようになります。また公共交通機関の場合だと移動中に使用される車両や飛行機や船舶の機体情報や車内サービスや運行ダイヤなどの詳細を知ること、移動中の風景などの情報も仕入れておくと移動中の時間を有意義に過ごすことができるようになります。もちろん旅先で行ってみたい観光地の詳細だけでなく、土産物や食事の情報も予習をしておくと、予習するまで知らなかった情報を入手できて見逃したり食べ損ねたり買い損ねたりする後悔をなくすことができます。そして何よりも肝心なのが戻ってきてからの復習となります。復習のためには旅先でもらってきたパンフレットはすぐに捨てないで、それを見ながら自分なりに写真と一緒に旅行記を書いて自分用に印刷してみたりなどすると、旅の記憶を風化させないでおくことが可能となります。